keyvisual 留学生メッセージ

留学生OB・OGメッセージ

内定者メッセージ

2015年度内定者コメント

paku_jyunki
朴 順姫さん(中国)

ビジネスデザイン学科
JCLI日本語学校卒
就職 株式会社マーキュリー内定

こういったサポートがあるおかげで毎年たくさんの留学生が就職できているのだな、と自分もサポートを受けてみて初めて気づきました。

私はIT企業ではなく接客サービスをする企業へ就職したいと思っていました。とはいえ、就職できるかどうか必死だったのでIT企業もたくさん受けました。そして一番入社したい企業は様々な現場で販売を行っている株式会社マーキュリーでした。とにかくなんとしても入社したかったので会社のことを必死に調べました。そのとき就職担当、土屋先生に本当にサポートしていただきました。おかげで採用面接のときに、「よくそこまで会社のことを知っているね」と言われ、そして念願の内定をいただきました!  私たち留学生は会社のことを調べようと思ってWEBサイトを見ても何もわかりません(先生に聞くと、日本人でもわからないと言っていました!)。就職担当の市川先生は企業のことをよくご存じで教えていただきましたし、同じく担当の土屋先生は学校と関係のある企業の面接の前にはいつも、企業研究セミナーをしてくださいました。こういったサポートがあるおかげで毎年たくさんの留学生が就職できているのだな、と自分もサポートを受けてみて初めて気づきました。  人前で話すことが苦手な私ですが、その苦手な部分を克服したくて、あえてお客様と近い販売職を選びました。どのくらい自分の弱点を克服できるか、私の挑戦はまだ終わりません。なかなか内定が決まらず、落ち込んだこともありました。そんなとき、先生方はみなさんが「大丈夫、大丈夫」と言って励ましてくれました。今思うと、私と同じくらい先生方も「就職」に対して必死で本気でした。  実は昨年も中央情報専門学校から株式会社マーキュリーに入社した学生がいて、とても会社の評価が高いそうです。私もそう言ってもらえるようにがんばりたいと思います。
hartan
ハータン ディンさん
(ベトナム)
IT・Web学科
明正情報ビジネス専門学校
日本語科卒
就職 株式会社牛窪鋳造所内定

年齢が30歳以上だからと言って就職をあきらめている留学生はいませんか?確かに簡単ではない。でも決して無理ではありません。

就職活動と言えば、就職フェアに行って人事の方と話をしたり、会社のWEBサイトからエントリーシートを送ったり、が「ふつう」だと思います。
ぼくもそう思っていましたが、結果的には全く違う就職活動になりました。
ぼくが内定をいただいた牛窪鋳造所はベトナムの研修生を受け入れている企業ですが、そこでインターンシップをしないか、と就職担当の市川先生から話がありました。市川先生はこんなふうにベトナムの研修生を受け入れている企業を積極的に探していました。
ぼくは今年で32歳になります。ふつうの就職活動では年齢的に難しいかもしれないと不安に思っていたので、チャンスがあるならぜひチャレンジしたいと、インターンシップに参加しました。
一学期に数回、インターンシップで仕事を体験した後、夏休みの一か月半が本格的な採用のための研修となりました。就職担当の土屋先生からは「周りを見て仕事をしろ。とにかく空気を読むこと!」とアドバイスをいただいていたので、研修生と社員の方とのつなぎ役になれるよう心がけ、誰よりもきつい仕事を進んでやるようにしました。そうすることでベトナムの研修生も進んできつい仕事をするようになりました。進んで仕事をすることが、「日本式」だということに自然に研修生が気づいてくれた結果です。
夏休みのインターンシップが評価され内定をいただくことができました。牛窪鋳造所の仕事は厳しいですが、厳しくなければ仕事じゃないと思います。がんばりたいです。
年齢が30歳以上だからと言って就職をあきらめている留学生はいませんか?確かに簡単ではない。でも決して無理ではありません。「ふつう」の就職活動だけではなく、どうすれば就職できるか、その「方法」を先生と相談してください。必ず「方法」はあるはずです。
ぼくは結婚もし、先月子供も生まれました。日本で家族一緒にずっと生活できるようにこのチャンスを生かしていきたいと思います。
ryu_lin
刘 琳さん(中国)

ビジネスデザイン学科
東京中央日本語学院卒
就職 株式会社KMKワールド内定、株式会社アイエスエフネット内定、株式会社マーキュリー内定

留学生の皆さんへ!「絶対に就職したい!」という気持ちを企業だけではなく、学校にも伝えてください。
中央情報専門学校の先生方へ
これからもずっと企業と留学生の架け橋になってください!

就職活動は「つらい」とか「苦しい」と聞きますが、私はやればやるほど面白くなりました。同じIT企業でも会社によって全然違ったり、個性的な会社もたくさんあったからです。もっと会社を受けようと思っていましたが、内定をいただいたKMKワールドで先輩の社員の方とお話できる機会をつくってくださり、雰囲気がとても自分と合っていたので、お世話になることに決めました。
実は、この会社は1年生の時に私が、学校での説明会に参加していた会社でした。
私は1年生の時から、就職フェアに連れて行ってもらったり、学内企業説明会などに参加していました。会社の方と話すと、今の自分に足りないものがよくわかります。おかげで毎日の授業も目的意識を持って受けることができました。
ほとんどの人が2年生になって初めて会社をまわり、自分のことを考え始めますが、私はこの学校で1年生から就職活動に参加できて本当によかったです。
本当に先生方にはお世話になりました。親身になってとても多くのことをしていただきました。私たちは一人ひとり違う人間です。だから就職に対するやり方も考え方も違います。先生方はそこを理解してくださり、一人ひとりに合わせた指導をされています。本当に大変だったと思いますが留学生にとってそれは大きな支えです。今後もそうやってたくさんの留学生を就職させていただきたいです!
これから、就職活動を始める留学生のみなさんへ!
「絶対に就職したい!」という気持ちを企業だけではなく、学校にも伝えてください。先生や学校をどんどん利用してください!先生たちは利用されるのを待っていて、喜んで利用されてくれるはずですよ!(笑)
中央情報専門学校の先生方へ!
これからもずっと企業と留学生の架け橋になってください!本当にありがとうございました!
howanbantien
ホアン ヴァン ティエンさん(ベトナム)

IT・Web学科
弥勒の里国際文化学院日本語学校卒
就職 バンダイ株式会社内定

ぼくにとっては理想的な会社です。この会社で仕事をすることで、日本とベトナム両国のためになるからです。

ぼくは日本もベトナムも好きです。だから、ベトナムと関係の深い日本企業に就職したかったです。でもなにをしていいかわからないまま、2年生になりました。もう早い学生は12月から就職活動を始めていました。
でも、中央情報専門学校は4月からどんどん会社の方が学校に来て、説明会と面接をしてくれます。そして、担任の先生も就職の先生もどんどん参加するように言ってきます。これはとてもよかったです。先生が何もしてくれなかったら、こんなに早く活動を始めなかったと思います。
また、就職フェアも先生がいっしょに来て企業の人事と話をしてくれます。そこで、ぼくはベトナムのしかもぼくのふるさとの近く、ホビアンに工場をもつ、バンダイ株式会社を見つけて面接を受けました。就職担当の土屋先生が会社の方とビザ申請のフォローもすることをしっかり話をしてくださって、内定がもらえました。ぼくにとっては理想的な会社です。この会社で仕事をすることで、日本とベトナム両国のためになるからです。
夏休みに一時帰国して、ホビアンの工場も見学してきました。
今は、4月からしっかり仕事ができるよう、残り少ない専門学校の時間を資格取得に使いたいです。

2014年度卒業生コメント

chin_meiho
2014年度年卒業生
陳 メイホウさん(中国)

IT・Web学科
文教大学留学生別科卒
就職 株式会社翔和内定

本当に、就職のことを手伝ってくれる学校を選ぶことが一番大切だと思います。

私は株式会社翔和に就職することができました。バケットコンベア・フライトコンベア・板金などをつくっている会社です。
私はこの会社で日本語学校の時から3年間アルバイトをしていました。だから、この会社に入社したいと思っていましたが、外国人の社員は今までいなかったのでとても不安でした。
しかし、12月になってもう待てないと思い、社長に入社したいと話しました。社長は入社してほしいけど、就労ビザ申請のことがわからないので不安だと言われました。
学校の就職担当の市川先生に相談をすると、すぐに社長と話をして、全面的に学校が申請の手伝いをするから安心しろ、と言われ、実際に何度も社長と電話で申請に必要な書類などを話してくれました。
おかげで内定をもらえました。
中央情報専門学校は、企業と提携して、就労ビザの申請の手伝いまで会社といっしょにやってくれます。外国人を採用したことがない会社にとってこれはとてもありがたいことだと思います。
本当に、就職のことを手伝ってくれる学校を選ぶことが一番大切だと思います。
ryu_kaku
2014年度年卒業生 霍 威さん(中国)

ビジネスデザイン学科
千駄ヶ谷日本語研究所卒
進学 東洋大学国際地域学部国際地域専攻 合格

日本という社会で英語を活かせる方法を探したい!という気持ちが大きく膨らみ、改めて大学に行こうと思い始めました。

私は中国で3年制の大学を卒業していたので、大学院に行こうか、就職活動をしようか、迷っている時期が長かったです。就職活動はどんどん企業説明会や就職フェアを紹介され、参加していましたが、本当に自分がやりたいことって、なかなか見つけられませんでした。
そんなとき、担任の先生から広報のために、「学校紹介を中国語でしてくれ!」と言われました。恥ずかしいので、「すいません、英語でお願いします」と言って、英語で紹介をしたら、担任の先生やその近くにいた就職担当の先生たちが、「英語が話せるのか!」「英語を使って就職できるぞ!」と大騒ぎになり…(笑)
その後は、ANA関係の会社や、外資系の会社などをいくつか紹介していただいたのですが、だんだん自分の中で、もっとしっかり英語を活かせるようにしたいなって、思い始めました。日本という社会で英語を活かせる方法を探したい!という気持ちが大きく膨らみ、改めて大学に行こうと思い始めました。私の大学での専攻は日本語だったので、1年生から大学に行くことになりますが、幸い両親は、賛成し、援助してもらえることになりました。
中央情報専門学校は今年、企業だけではなく、大学も積極的に開拓していました。東洋大学もうちの学校で説明会をするなど、関係がある大学でしたので、東洋大学の国際地域学部 国際地域専攻の受験を決めました。この学部は受験が英語だったこともよかったです。進路指導の先生も受験の方法など細かく東洋大学の先生に聞いてくれたので、とてもやりやすかったです。おかげで、合格することができました。広報の学校紹介を頼まれたのがきっかけで大きく運命が動くことになりました。でもこれは決して偶然ではないと思っています。この学校は先生が学生とコミュニケ―ションをたくさんとり、それを就職の企業マッチングに活かしています。私の場合、それが本当に自分のやりたいことを見つけることになりました。
変な依頼をしてくれた担任の先生に感謝です(笑)
ryu_so
2014年度年卒業生
蘇 霊芝さん(中国)

ビジネスデザイン学科
ヨシダ日本語学院卒
就職 株式会社LYRA内定

☆憧れの美容業界を選んでインターシップ☆
インターシップ ⇒ 研修 ⇒ アルバイトを体験することで、就職してからの自分がやるべきことを明確にすることができました。
それが私のラッキー! がんばりま~す!!

中国の大学ではCGデザインが選考でした。よりそのスキルを活かせるように、中央情報専門学校でITを学びましたが、私の仕事をしたい業界は、憧れの美容・化粧品業界でした。
私の持っているスキルは「デザイン」・「IT」・「語学」、そして、より身につけたいのは日本のおもてなしの心。
就職に対する自信もなかったので、大学院に行こうと考えていました。そんな時に、就職担当の先生から、「憧れは現実ではないから、憧れの業界を自分の目で見てくれば・・・」と声をかけられて、チャレンジしました。
大学でのインターンシップは就職に直結してはいけないため、これは専門学校だから得られたチャンスだと思いました!
10人がインターンシップの面接を受け、5人が合格となり、実際に職場での30時間のインターンシップを経て私には皮膚学・美容学・栄養学などの知識が足りないと知り、研修で学び、これからも学びながら、3月いっぱいはアルバイトとして働き、4月からはプロ意識を高めて頑張っていきます。
大好きな日本で、憧れの業界で、しっかり身につけながら、お客様に喜ばれるサービスをしっかり提供できる仕事をしていきたいと思います。
ryu_han
2014年度年卒業生
潘 珵さん(中国)

IT・Web学科
中央情報専門学校日本語本科卒
就職 株式会社アイエスエフネット内定

初めての内定式を楽しみにしています。

私の就職活動は今年の6月から開始ですが、2ヶ月間に6社を受験して夏休みには内定を獲得できました。昨年の12月から就職活動を続けてまだ内定が無い同級生もいる中で私が内定を勝ち得たのは専門学校で履歴書や面接対策などの準備し、自分に自信を持ち、企業の採用担当者の方々に自分のやる気をアピールできたからだと信じています。私にやる気と自信を持たせ、履歴書や面接対策をしっかりやってくださった学校の先生方に感謝しています。来週には内定式があります。私は大学卒業後すぐに留学したので就職をした経験が無く、初めての内定式なので楽しみにしており、新しいスーツを買う予定です。
ryu_hinhin
2014年度年卒業生
周 濱濱さん(中国)

IT・Web学科
東京福祉大学留学生別科卒
進学 西武文理大学3年編入

就職活動をしてみて、初めて大学進学が必要だとわかりました。

私はもうちょっと日本の生活がしたくてこの学校に進学しました。専門学校はどこでもよかったし、目的もなかったです。私みたいな留学生はきっと多いと思います。入学後、出席はしていましたが勉強は気楽にのんびりしていました。他の学生もそうでした。
しかし、この学校は2年生が近くなると、全然雰囲気が変わります。毎日、就職担当の先生がクラスに来て、就職できそうな学生に声をかけて、いろいろな企業の説明会や面接に参加するように言ってきます。
そして私は美容の会社、株式会社LYRAのインターンシッププログラムの面接に参加したら合格して、インターンシップ研修に参加することになりました。

日本で就職する、しかも、人気の美容業界ということで、いっしょに参加した学生はとても真剣でした。今まで気楽に授業を受けていた時と全く違っていて会社の研修担当の方には、「真剣さが足りない」と注意を受けたりしました。
この研修は私に教えてくれました。自分に本当に足りないもの。それはもっと大人としての考えをしっかり持つこと。そして、その考えに自信を持つこと。インターンシップの次のステップで、アルバイト採用には合格できませんでした。
私は就職活動を辞め、進学を決めました。西武文理大学の指定校推薦に学校で推薦していただき、合格することができました。
でも、これは、就職活動から「逃げた」のではありません。私に足りないもの、を大学でしっかり身につけて、もっと社会人としてふさわしい「大人」になって、堂々と就職活動をしたい、と思ったのです。人生で初めて自分で考え、自分で選んだような気がします。
今は、中央情報専門学校に来て本当に良かったと思っています。そして、あのインターンシップに参加して本当の良かった。
「人生が変わった!」そのチャンスをくれた、この学校に感謝します。
ryu_alam
2014年度年卒業生
AHMED
MAHMUD ALAMさん
(バングラディシュ)

IT・Web学科
中央情報専門学校日本語本科卒
進学 足利工業大学3年編入

漢字が苦手でしたが、日本語能力試験N1に合格して自信がついた。

漢字が苦手な僕は進学も就職も自信がなかったです。でも今は、能力試験N1も合格し、企業からも内定をもらえたなんて信じられません。とてもうれしいです。
いろいろ考えましたが、僕はしっかり大学を卒業したいと思いました。そこでバングラディシュの先輩が進学した足利工業大学を受験しました。
その先輩は大学に進学した後も、中央情報専門学校の就職担当の先生に会社を紹介してもらったり、就労ビザ申請のアドバイスをもらったりして東京で就職しました。
僕も先生に、「大学卒業したら、いい企業を東京で見つけて手伝うから、しっかり勉強して来い」を言ってもらえました。
大学は群馬にあるのでアルバイトが不安でしたが、就職担当の先生が企業の担当者を通じて見つけてくれました。
本当に、「仕事」に関しては、頼りになる学校です。おかげさまで安心して大学に行けます。
大学に行ってもがんばって、そして、就職活動をするときはまたこの学校に相談に来たいと思います(笑)

2013年度卒業生コメント

ryu_ka
2013年度卒業生
俞 吓蜜さん(中国)

ビジネスデザイン学科
中央情報専門学校日本語本科卒
就職 株式会社青木商店

私は高卒なので、学歴に自信がありませんでした。

私は高卒なので、学歴に自信がありませんでした。
でも懸命に就職活動をしていると学校から、私に合った企業をどんどん紹介してくれました。
また、求人を紹介するだけでなく、会社に連れて行って人事の方に引きあわせてくれたり、時には、学校に採用担当者を呼んでくれたりしました。
なかなか内定がもらえず、20社以上受けたのですが、それでも、新しく開拓した会社を紹介し続けてくれました。
その結果、おかげで、今の会社に創業88年で初の外国人採用をしていただけました。
しかも、総合職での採用でした。とても光栄です。
ryu_kyo
2013年度卒業生
許 彬さん(中国)

ITプロフェッショナル学科
吉田学園公務員専門学校日本語学科卒
就職 株式会社アドレイズ(ノジマ電機通信機器販売)

就職活動を始めた時はどんな仕事が自分に合っているのか、わかりませんでした。

私は現在、大手量販店の通信機器売場でタブレットや設定の技術的質問に完璧対応できるアドバイザーとして働いています。
仕事はつらい時もありますが、ITの知識も活かせますし、もともとシダックスのカラオケボックスでアルバイトをしていたので、接客も自分には合っています。
就職活動を始めた時はどんな仕事が自分に合うのか、わかりませんでしたが、就職試験を受ける度に受検する業界のことを先生が教えて指導してくれたことで、それを見つけることができました。
ほとんどの人が自分に合う仕事を自分ではわからないと思います。だけど、合う仕事をするのはとても幸せなことです。
みなさんも、中央情報専門学校で先生と一緒に探してください。
今年、8月の売上成績は私が全店第一位となりました。これからも、がんばっていきたいと思います。
ryu_hoang
2013年度卒業生
HOANG HAI NGOCさん
(ベトナム)

IT・Web学科
埼玉日本語学校卒
就職 マンパワーグループ株式会社

就職活動を始めた時はどんな仕事が自分に合っているのか、わかりませんでした。

学校の先生たちのおかげでITスキルを活かせる企業に就職することができました。
ただ企業の求人を薦めるだけでは就職できなかったと思います。
ベトナム人である僕が有利になるように、ベトナムに進出する会社や、ベトナムと関係が深い会社を開拓してくれました。
そこまで考えてサポートしてくれたことがありがたかったです。
自分にできることがあれば、後輩のベトナム学生の力になりたいと思います。

主な就職先

あいおい保険システムズ、(株)NECソフトウェア、(株)GSIクレオス、戸田テクノロジーサービス(株)、アイエックスナレッジ(株)、 ベース(株)、大鵬商社(株)、キーウェアソリューションズ(株)、(株)GKT、曙光産業、(株)エル・アイシステム、(株)ソフトシティ、(株)レフコ、(株)オールトップ、ソフトネット(株)、(株)シーアイエス、ブイズビュー、(株)データアプリケーション、(株)トップエンジニアリング、(株)人材開発、(株)シンカ情報システム、アジアパシフィック総研(株) ほか多数

主な大学合格

上智大学、日本大学、埼玉大学、尚美学園大学、流通経済大学、横浜商科大学、上武大学、愛国学園大学、麗澤大学、敬愛大学、大東文化大学、帝京大学、東洋大学、江戸川大学、山村学園短期大学、城西大学 ほか

大学編入

埼玉大学、尚美学園大学、聖学院大学、駿河台大学、東京家政学院大学、城西大学、敬愛大学、愛国学園大学、上武大学、関東学園大学、西武文理大学 ほか

大学院

淑徳大学院、駿河台大学院、立正大学院、高千穂大学院 ほか

資格取得者メッセージ

ryu_ou
王 済洋さん

IT・Web学科
中国山東省出身
国家資格取得者
基本情報技術者試験

初挑戦で国家資格を取得

先生から国家資格を目指そうといわれたときは驚きましたが、国でもコンピュータを勉強していたので何とかなるかなと取り組み始めました。でもはじめてみると日本のIT用語がなかなか覚えられずに苦戦しました。でも先生がひとつづつ丁寧に説明し、指導してくれたので納得しながら勉強が出来ました。同じクラスの日本人の友人にも日本語を教えてもらい試験に挑み、初挑戦で試験で合格できたのには自分でも驚きました。丁寧な説明と指導のおかげと感謝しています。
ryu_kou
劉 光昕さん

IT・Web学科
中国遼寧省出身
資格取得者
Microsft Office Specialist Word2003,Excel2003

いつも励まされて

「MOSは日本だけではなく、帰国しても通用する資格」だと先生に教えてもらい、それなら絶対に取ろうときめ頑張りました。時間内にこなさなくてはいけないのと、日本語の表現が難しいところもあり何度も挫折しそうになりましたが先生に励まされ最後まで頑張り合格しました。とくにWordでは満点に近い点で合格できて本当にうれしかったです。一緒に勉強した友人たちも次々と合格できたのもまたうれしかったですね。
私は東京家政学院大学3年編入も決まりこれからも勉強を続ける自信がつきました。