keyvisual AIプロジェクト学科
AI授業風景 杉村先生
21世紀社会では、ICTは、産業と一体化することにより、ビジネスモデル自体を変革する事業のコアとなります(デジタルトランスフォーメーション)。とりわけ、AIは、IoT、ロボット、ビッグデータといった技術と共に、あらゆる産業や社会生活に取り入れられ、様々な知識や情報を処理して新たな価値を創出することが期待されます。 AIプロジェクト学科の目標は、産業界と連携して、社会における身近な課題やグローバルな課題を対象としたAIプロジェクトを実践教育し、AIビジネスモデルを構築できる人材を社会に輩出することです。

主なカリキュラム

AIプログラミング Pythonの基礎を理解し、データ分析・機械学習に不可欠なPythonライブラリの使い方を習得する
AIビジネス概論 AIをビジネスに活用する上での課題とその解決策を習得する。
コンピュータサイエンス ITの基礎を理解し、コンピュータの能力を活かしたプログラムを書くスキルを身につける
数理統計入門 データを統計的に分析し、分析結果から未来を予測するスキルを習得する
データサイエンス実習 データ分析の基本的な考え方を理解し、実践的な課題によるモデリング技術を習得する
マシンラーニング実習 機械学習ライブラリを利用して機械学習を課題に適用するスキルを習得する
ディープラーニング実習 ディープラーニングの仕組みやアルゴリズムを理解し、実装技術を習得する
AIプロジェクト 実社会の課題を対象として、生データを利用してAI開発プロジェクトを体験する

時間割

timetable02

AI授業風景 横向き

特別講師からのメッセージ

丸山先生
人工知能学会 元副会長
富士通研究所 元特任研究員
工学博士
丸山文宏
人工知能学会や富士通研究所での人工知能研究 成果を活かし、中央情報学園のAI教育特別顧問 として、AI教育をリードしていきます。 学園内の人工知能学会員の講師6名を中心に、 産業界が求める最先端AIテクノロジーとAIビジネスを学ばれることを期待しています。

目指す資格・職種

資格

■ITパスポート
■基本情報技術者
■AWS認定クラウドプラクティショナー
■Python3エンジニア認定基礎試験
■Python3エンジニア認定データ分析試験
■日本ディープラーニング協会 G検定(ジェネラリスト検定)
■統計検定

職種

■AIエンジニア
■AIビジネスプランナー
■AIプログラマー
■データアナリスト
■データサイエンティスト

産学連携企業

■富士通株式会社
■日総工産株式会社
■株式会社UniBis

教員からのメッセージ

杉村 洋
AIプロジェクト学科 学科長
杉村 洋
21世紀社会では,ICTは産業と一体化することによりビジネスモデル自体を変革する事業のコアとなります。 とりわけ、AIはあらゆる産業や社会生活に取り入れられ、様々な知識や情報を処理して新たな価値を創出することが期待されます。 AIプロジェクト学科で学ぶみなさんは、社会における身近な課題やグローバルな課題を対象としたAIプロジェクトを実践し、AIビジネスモデルを構築できる人材として社会に巣立っていきます。

在校生からのメッセージ

今までのキャリアを生かせるのが楽しみです。

シャラパティ ウスマン
夏熱帕提・烏斯満
AIプロジェクト学科
1年生
早稲田京福語学院
中国出身
私は大学院で民族経済学を専攻していました。現在の社会ではITが様々な分野で生活に溶け込んでいるため、ITの勉強をすれば社会の役に立つ仕事ができると考えました。 中央情報専門学校のAO入試で「AIプロジェクト学科なら、今までのキャリアを活かしてAI分野に応用できる」と先生からアドバイスをもらい、AIに興味を持ちました。AIを勉強し、将来の自分の可能性が広がるのが楽しみです。

自分の専門分野とAIを組み合わせて新しいビジネスの可能性を考えたいです。

HOANG-THI-KHYEN
HOANG THI KHUYEN
AIプロジェクト学科
1年生
専門学校穴吹ビジネスカレッジ日本語学科
ベトナム出身
私はベトナムの大学で医学部でしたが、将来は医者になるのではなく、新しい分野がいいと思っていました。
中央情報専門学校のAO入試では、試験の面談で先生と将来の相談ができたりアドバイスをもらえます。
そこで医療とAIを組み合わせたら、新しいビジネスもできるし、大学の専攻も生かせると提案していただき、入学を決めました。
専門の先生と1対1で相談ができる機会なんてないですよね。おかげで自分のやりたい勉強を見つけることができました。

新聞奨学生を続けながらAIの勉強を頑張っています。

SHAKYA-RIKESH
SHAKYA RIKESH
AIプロジェクト学科
1年生
埼玉日本語学校
ネパール出身
中央情報専門学校では、新聞奨学生がたくさんいて、先生たちも夕刊の時間を気にしてくれたり、事故や体調を気にかけてくれたりして、とてもやりやすいです。 僕の先輩もたくさん勉強していますし、後輩にも入学してほしいです。 AIは初めて勉強するので心配でしたが、すごくわかりやすく教えてもらえます。 AIはやりたいけど難しいと思っている留学生に、もっとAIプロジェクト学科を知ってほしいと思います。

アットホームな雰囲気でAIが学べるのが魅力です。

王 彦岡
王 彦岡
AIプロジェクト学科
1年生
千駄ヶ谷日本語学校
中国出身
私は自動車工学と機械システム工学について、母国の大学を出て日本の大学院で勉強をしていました。 AIにも興味を持つようになったのですが、地方の大学院の雰囲気に馴染めずにいたところ、中央情報専門学校はアットホームな雰囲気で先生も親切だ、と友達から紹介され、体験授業を受けて入学を決めました。 今は、興味を持っていたAIを、専門的に勉強できるので、毎日新鮮に授業を楽しんでいます。