keyvisual ビジネスデザイン学科
image01

日本文化を理解し、日本式ビジネスマナーと
専門知識を身につけます。

  • 世界でビジネスを展開することを目指して「おもてなし」のマインドを持った、日本式接客サービスを習得します。
  • MicrosoftOfficeSpecialist, 会計知識、経営論などのビジネスに欠かせない専門知識を習得します。
image02

サービス業界、外食業界、流通業界など
幅広い産業界への就職を目指します。

  • 一般企業の企画・営業・事務職や人気業界であるレストラン、販売業など。
  • 海外展開を図る企業で活躍する、真の国際ビジネスパーソンになる。

主なカリキュラム

英語応用 会話を中心に表現力を習得
ITリテラシ 情報の取り扱い、ITの活用能力を習得
MSオフィス実習 Word、Excel、PowerPointの活用を実習
伝統和文化マナーマイスター 日本伝統の「おもてなし」マナーを習得
自然食品マイスター 和食について飲料と食材の知識を習得
経済学 マクロとミクロで経済市場の仕組みを習得
簿記会計 簿記を用いて経済状況を把握する能力を習得
ビジネスマナー 社会人としての礼儀作法、心構えを習得
インターンシップ 産学連携企業先での実地研修

時間割

ビジネスデザイン学科時間割
image03

授業実施連携先紹介

特定非営利活動法人 伝統和文化マナーマイスター協会

picture_07
伝統和文化マナーマイスター協会の講師から、日本の伝統文化に基づいた礼儀作法について、理論とロールプレイングで学びます。
相手の方に失礼のない日本式立居振舞やクッション言語を含む敬語遣いは、良いコミュニケーション能力を身につけることができてはじめて、相手の方を思いやる気持ちを持った”おもてなし”ができるようになります。
公共の場でのご挨拶に始まり、日本の四季や歳時記を理解した食事マナーや日本独特の冠婚葬祭や寺社での作法と国際社会でのマナーの体得とともに、社会人のたしなみを習得して、初級資格を取得します。

一般社団法人 ホールフード協会

wholefood02
和食を構成する素材、出汁、発酵食品など食材の基本から丁寧にわかりやすく学習し「和食にすと」(初級)資格の取得に向け和食の基本やマナーとトータルで学びます。
1年生では、和食の歴史・文化、日本ならではの出汁や発酵食品(調味料・漬け物)など食材の特徴と製造方法を中心に、2年生では、日本の行事食や郷土料理、日本酒や日本茶など、各地で継承される郷土料理や行事食を通じ、料理としてだけでなく「ユネスコ無形文化遺産」に登録された自然を尊ぶ日本人の精神性を大切にした食文化を体系的に学習していきます。世界中で注目される「和食」を五感を活用しながら身につけていきましょう。

一般社団法人 みそまる普及委員会

3G1Y6663
日本が誇る究極の健康食品「味噌」を体験しながら学ぶことで、食への関心を深めます。また、和食の基本やマナー等、トータルで「日本の食や文化」を学ぶ授業を展開していきます。 藤本智子(ふじもとともこ)講師 ミソガール、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ、ミラノ国際博覧会日本館サポーター(2015)。「フード・アクション・ニッポンアワード2015食文化・普及啓発部門最優秀賞」「東久邇宮文化褒賞」「東久邇宮記念賞」受賞。主な著書は『みそまる』『みそまるおかず』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。

産学連携先紹介

有限会社 ツインズダイニング

35種類に及ぶ鶏と50種類の日本酒を楽しめる「酉玉」を展開。海外にも店舗し、現在は香港とシンガポールの2店舗ですが、2016年夏にバンコクとマレーシア、2017年にジャカルタに出店予定です。さらにまた「酉玉」から独立したスタッフ3店舗がミシュランのビブグルマンに紹介されました。
広尾・銀座・武蔵小杉の国内三店舗に加え、中国(上海・青島)やカンボジア(プノンペン店)にも展開しています。

株式会社 ベジコープ

自社の農場や契約農家から有機野菜を首都圏400店舗の和食店に卸し、さらに自社でも築地に5店舗の和食店を展開しています。農場と店舗間の物流部門も自社でまかなっています。

株式会社 ジャックポットプランニング

かつて「カフェバー」ブームの火付け役として、現在は「かき小屋」、「オイスターバー」として広く知られています。さらに、国内の食材にこだわり和食店舗「都夏」や「ごまや」を展開しています。

教員からのメッセージ

picture_06
斎藤由美子 学科長
2020年、東京でオリンピックが開催されることにより、今後多くの外国人観光客が日本に訪れます。日本の親切で丁寧で奥ゆかしい接客サービスで「おもてなし」をしなければなりません。日本の全てのビジネスの根本には日本の伝統的な文化を基盤としたこの「おもてなし」の精神があり、これから海外で活躍する皆さんにこの精神と技術を身につけてほしいと思います。
ビジネスデザイン科では、幅広い業界、様々な職種で活躍する人材を育成するために、経営やマナー、会計知識を身につけ、コミュニケーション能力を磨き、提携先の企業や団体、協会の方々による実践的な授業を行います。また、業界とともに新しい「ビジネス」を「デザイン」できるように私たちがサポートしていきます。2年間、楽しく勉強していきましょう。

在校生からのメッセージ

たくさんの企業の方のお話がとても楽しく役に立つ

picture_17
G T KHINA
ビジネスデザイン学科
ネパール出身
日本に来て飲食店でアルバイトをしていて、お客様とお話したり、喜んでもらえたりするのがとても楽しくて、人と接する仕事がしたいと思っていました。また、日本の接客サービスはとても気持ちがよくレベルが高いので、しっかり勉強しなければならないと思っていました。 ビジネスデザイン学科ではたくさんの企業の方が授業に来てくれます。成功している方のお話を聞くのは、将来マネージャーになったり、独立したりするときのために、とても参考になります。経営の勉強にもなるコースだと思います。

将来自分の店を持って、2号店は台湾に出したいと思っています!

picture_18
林 鼎量
ビジネスデザイン学科
台湾出身
有限会社ツインズダイニング
「白金酉玉」内定
台湾では飲食業界がとても盛んです。そのため、私も自然と将来自分で飲食店を経営したいと思っていました。中央情報専門学校では、飲食店の経営者を育成するためのコースがあり、提携している企業でアルバイトをして、将来はマネージャー・オーナー候補として採用されます。授業ではいろいろな日本企業の方が来てお話をしたり、逆に企業に訪問して様々な体験授業を受けたりします。
私も有限会社ツインズダイニングという大手の企業に学校紹介で内定をもらえました!授業の経験を活かし、将来自分の店を持って、2号店は台湾に出したいと思っています!